母子家庭の方のためのお役立ち情報

シングルマザーの児童扶養手当

母子家庭で子育てを頑張っている母親には、シングルマザー向けの手当があります。

児童扶養手当はシングルマザーがもらえる手当の代表で、ひとり親家庭を支援する為に支給される、いわゆる社会手当となっています。

具体的にはひとり親とその児童をサポートするのが目的で、地方自治体が支給を行う仕組みです。

海外にも同様があるこの制度では、日本だと100万人を超えるシングルマザーが受給しています。

内訳は母子世帯が9割以上と圧倒的ですが、父子家庭でも受給できます。

児童扶養手当には、父母の離婚や片親との死別、それに両親のいずれかが一定程度の障害を抱えている、といった受給条件があります。

逆に日本国内に住所を持たなかったり、父または母が年金や労災の受給が行える場合は、手当に該当しないものとして受け取れなくなります。

また、手当が受けられるのは原則的に母親で、児童を監護しているというのが基本条件です。

母が存在しない、あるいは母が監護を行わない時は、当該する児童を養育している保護者が受給資格を得ます。

何らかの年金を受給しているか受給できる場合は、児童扶養手当が受けられませんから、その点に注意してい申し込む必要があります。

母子家庭の方のためのお役立ち情報





まずは↑から一つ選んでください。

ページの先頭へ