ゴミ問題は大昔からあったのか

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

現代には多くの環境問題が存在します。

二酸化炭素の大量排出による地球温暖化の問題。

工場などからの有害物質の排出による大気汚染、水質汚染。

そして、ゴミ問題では、大量のゴミの焼却処理のためにダイオキシンが放出されたり、海洋に流れ込んだプラスチックゴミによる環境破壊が発生しています。

いずれの環境問題も発生の源となっているのは人間の社会活動です。

その中で、ゴミの問題について考えてみます。

ゴミ処理の問題が取り上げられるようになったのは最近のことですが、以前はゴミの問題はあったのでしょうか。

たとえば江戸時代、すでに多くの人々がゴミを出していましたが、そのゴミの内容は自然の土に帰るものでした。

それは、世界に目を向けても同じことでしょう。

食べ物、本の紙、衣服、袋、ほとんどのものが自然の素材から作られていました。

言い換えれば、人間の技術力が自然の素材をそのまま生かしてモノを作る技術にとどまっていたとも言えます。

近代になると、産業革命による技術革新とともに、さまざまな化学物質を利用して、これまでにない物質を利用したモノが作られ始めます。

ゴミの内容も変化し、放置しておいても土にかえらないプラスチックや焼却すると有害物質を出すものも多くなります。

さらに人口が増えてゴミの量が多くなることでゴミの問題は一気に深刻化していきます。
日々、人間の生活で使用されるモノは進歩を続けていて、そのモノは便利さを生み出します。

一度便利になった生活を元の生活に戻すことは困難です。

便利さを追求してきた技術の進歩ですが、これからは地球環境を考慮して、捨てられてゴミになることまで想定して、技術を進化させていく必要があります。

そのためにも世界で起きているゴミによる環境破壊を自分が捨てたゴミが引き起こしているという現実を直視する必要があります。

ゴミを減らすにはどうしたらよいか。そもそもゴミが出ないように工夫すればよい。いろいろな取り組みが考えられますが、ゴミのことを学べるカードゲームも作られています。
https://readyfor.jp/projects/ZeroWasteCardGame

他人ごとではなく、自分の事と気づくきっかけを作れる取り組みです。

ページの先頭へ