母子家庭の方のためのお役立ち情報

シングルマザーの児童扶養手当の所得制限

所得制限額は計算式によって導き出せますが、おおよそ児童一人の場合だと、年収365万円が目安となります。

給与所得者の場合、年収から給与所得控除や各種控除後の額を基準にします。

控除にはいくつか種類があって、定額の8万円を筆頭に、障害者を対象とした27万円やや40万円の特別障害者控除、そして27万円の寡婦・寡夫控除等があります。

他にも35万円の特別寡婦控除がありますし、勤労学生だと27万円分を差し引くことが可能です。

配偶者特別控除と雑損控除、医療費に小規模企業共済等掛金は、いずれも控除相当額が対象となります。

たとえば年収300万円の人なら、所得額は約192万円になります。

以下の金額は、年収ではなく、年収から給与所得控除や各種控除を差し引いた金額になりますので、以下の金額より年収が多い場合も受給対象となる可能性があります。

扶養親族がゼロなら、所得額が19万円未満で全額支給、19万円から192万円未満で一部支給です。

一人の扶養親族がいる場合は、57万円未満と57万円から230万円未満の間で、全部支給か一部支給が決まる形です。

これらは扶養親族が増える度に所得制限額が変わり、五人を扶養する人であれば、209万円未満で全額、209万円から382万円未満で一部支給となるでしょう。

また、所得制限の金額はあくまでも目安なので、支給者の状況や申請を行う自治体によって、額が変わってくる恐れがあることに注意が必要です。

母子家庭の方のためのお役立ち情報





まずは↑から一つ選んでください。

ページの先頭へ