母子家庭の方のためのお役立ち情報

児童扶養手当の手続きと申請方法

児童扶養手当は各自治体の窓口で申請を行い、手続きを進める流れとなります。

実際に申請手続きを進める際には、認定請求書という書類を準備して提出します。

認定請求書は各自治体の窓口で配布されていますので申請の際に受け取って記入します。

申請の際には戸籍謄本、もしくは戸籍抄本と所得証明書が必要になる場合がありますので認定請求書を受け取る際に確認します。

戸籍抄本と所得証明書も自治体の窓口で取得できます。

戸籍は申請者本人と児童の記載があって、所得証明書は前年度分が有効ですが、申請のタイミング次第では前々年度分が必要になります。

あらかじめ持参しておくものとしては、預金通帳、印鑑、本人確認書類が挙げられます。

預金通帳は申請を行う本人のもので、本人確認書類はマイナンバーカードを始めとして、免許証やパスポート等が有効です。

2017年以降は、11月13日からマイナンバーカードを提出することによって、課税証明書や住民票の提出が免除されます。

申請から支給まで時間が必要なので、支給を受けたい1ヶ月前までに、自治体の担当窓口に出向いて申請を行うのがベストです。

母子家庭の方のためのお役立ち情報





まずは↑から一つ選んでください。

ページの先頭へ