ビハーラ僧がいる緩和ケアの病院を支援する

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

医学の発展には目ざましいものがあります。

かつては難病ということで治療不可とされていた病気が治るようになってきています。

がんであっても早期発見であれば手術などの治療を通して完治する事もできるようになりました。

がんの早期発見の技術も高度化するなど、医療はますます進化しています。

一方で現在も治療が困難な病気は多数存在します。

また、病状が悪化した場合など、手の施しようのない事例も多いです。

医療の主な目的は、病気の発見と特定、さらに治療による健康の回復ですが、治療での回復が見込めない死に直面している患者へのケアについても向き合う必要が出てきています。

病状が深刻化した患者さんの残されたかけがえのない人生を如何に充実したものにできるかということを考慮した医療が緩和ケアです。

患者さんの痛みやつらさに対してケアが行われます。

療養中の患者さんの生活の質であるQOL(クオリティーオブライフ)を高めることを目指して試行錯誤が行われ、近年では早期の段階からの緩和ケアが行われるようになりました。
ビハーラ僧がケアにあたるケースも出てきています。

ビハーラ僧は、医療現場で患者さんや高齢者のケアを行う専門の僧侶です。

おもに患者さんの心のケアを行います。

病気を患うと、死に対する恐れや意識の変化から不安になる方も少なくありません。

そうした心の痛みをケアしていくのがビハーラ僧になります。

ビハーラ僧が常駐する病院はまだまだ少数です。

緩和ケアの重要性が認識されて、患者さんのニーズが高まる中で、医療現場の受け入れ態勢は追いついていないのが現状です。

とくに看護師が不足しているケースが多く支援を募っています。
https://readyfor.jp/projects/vihara

病気と死は隣り合わせですし、人間は死からは逃れられません。

人によって考え方は違ってきますが、多くの選択肢が用意されていくことは大切です。

ページの先頭へ