身近だった猛禽類サシバが絶滅の危機

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

サシバという鳥がいます。

タカの仲間の猛禽類で50cmくらいの中型のサイズです。

夏として日本にやって来る渡り鳥で「ピィ、クィー」という特徴的な声で鳴きます。

サシバは、冬の時期をフィリピンなどの東南アジアで過ごし、春になると繁殖のために日本にやってきます。

最初に雄が飛来して、縄張りを築き、続いて雌がやってきて繁殖を行います。

夏の間にヒナが生まれて子育てを行い、秋になると越冬地の東南アジアに帰っていきます。

サシバと同じ属の仲間は「渡り」を行いません。

サシバだけが「渡り」をするのはなぜか、はっきりとしたことはわかっていませんが、日本の夏の時期にはカエルなどの小動物が多く、子育てに適しているため、繁殖地として選んだのではないかと考えられています。

サシバは集落の里山など、比較的人と近い場所に生息するため、身近なタカとして古くから親しまれてきました。

田んぼや畑周辺の木や電信柱などにとまり、獲物を見つけて狩りを繰り返します。

カエルなどの両生類やヘビ、トカゲなどの爬虫類、ザリガニや昆虫、ネズミなどの小動物を狙います。

狩りをした獲物は生まれたばかりのヒナに与えられます。

獲物が豊富な里山環境を目指して繁殖のために日本に渡って来るという仮説が成り立ちます。

このサシバですが、今となっては絶滅危惧種になっています。

フィリピンで大量に密漁されていることが大きな要因とされていますが、繁殖地である日本に古くからあった里山環境の減少も一因とされています。

各地で絶滅危惧種のサシバを救おうという活動も行われています。
https://readyfor.jp/projects/sashibanosatomonogatari

世界をまたにかけるタカであるサシバを守るために「国際サシバサミット」も開催される予定です。

ページの先頭へ