意外と知られていないバイオガス発電

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で発電所が作られて、電気が普及し始めたのは明治に入ってからです。

それまでは電気を使わずに生活が成り立っていました。

電気が普及し始めると人のくらしは一変します。

照明の明かりで夜の街は照らされて、生活時間帯も深夜まで広がりをみせます。

電化製品が次々と開発されて、あらゆる活動が効率化されます。

掃除機や調理器具の発明により家事の時間が短縮されたり、ラジオやテレビで娯楽の幅が広がります。

今は昔の電気のない時代を知らない、電気があることが当たり前である時代となりました。

もはや、電気のない時代には戻れません。

手に入れた便利さを手離すことは難しいです。

電気を生み出す発電技術も進歩し、火力発電、水力発電、原子力発電と、効率的に電気を作り出すことも出来るようになりました。

その反面、それぞれの発電方法には問題点もあります。

火力発電では、発電過程での二酸化炭素の排出や石油などの化石燃料の大量消費といったデメリットもあります。

水力発電には建設時の自然破壊の問題、原子力発電には安全性の問題があります。

風力発電や太陽光発電など、人類の発電に対する試行錯誤は続いていますが、自然との共存と安定供給というバランスの取れた解決策は見いだせていません。

最近はバイオガス発電も注目されています。

バイオガス発電はバイオマス発電とは別物です。

バイオマス発電は、家畜の糞尿や廃棄食品、廃材などの有機廃棄物を直接燃焼させたエネルギーで発電させる仕組みです。

一方、バイオガス発電は、家畜の糞尿などの有機廃棄物を発酵させることで発生したバイオガスを燃焼させたエネルギーで発電させる仕組みです。

バイオガス発電はシンプルな設備で発電ができるため、導入コストを抑えることが出来ます。

たとえば電気が普及していないネパール郊外の地域への設置などの活動も行われています。
https://readyfor.jp/projects/21532

世界にはインフラが整備されていない地域が多いですが、低コストで発電できるというメリットだけでなく、自然との共生という意味でもバイオガス発電は選択肢の一つとなりそうです。

ページの先頭へ