災害時の精神医療の重要性

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

記録的な災害が増えています。

何十年に一度レベルの豪雨。

観測史上初の記録的降水量。

ニュースではこうした言葉たちが並び、次々と記録が塗り替えられています。

想定以上の災害が毎年のように起こるようになり、被害も多発しています。

災害に対する支援体制も経験を積み重ねるごとに改善が加えられています。

災害支援というと、まずは人命救助、ライフラインの復旧が行われ、破壊された施設の復旧などが行われます。

こうした土砂災害や地震などによる家屋の倒壊や家財の損失などの物質的被害に加えて、さらに重要視されているのが精神的被害です。

災害で家族や身近な人を失ってしまった精神的ショックははかりしれません。

また、住み慣れた家が突然崩壊してしまったショックも大きな心の傷となります。

災害に見舞われて命は助かったけれど、精神的に大きなショックを受けて心にダメージを受けてしまったという方というのは、実は想像以上に多数いらっしゃいます。

災害時の精神的なケアを迅速におこなうために医師や看護師のチームも全国に100以上結成されています。

災害時に受けた精神的なショックは早期の応急処置がポイントであることがわかってきています。

できるだけ早く心の治療を受けることで、その後の影響も異なってきます。

心の応急処置が早期に行われないと長期にわたって苦しみを抱えるケースも出てきます。
DPAT(ディーパット)と呼ばれる災害派遣精神医療チームは、より迅速に被災地に駆けつけてケアを行うために、DPATカーという特殊救急車両の導入も目指しています。
https://readyfor.jp/projects/DPAT

DPATは災害発生から48時間以内に現場に入ることを目指す体制を目指しています。

ページの先頭へ