子供のために家を買い替え
住宅ローンが残っててもOK?

「子供が生まれたので遊べる庭のある家に住みたい」

でも住宅ローンが残っているから家の買い替えなんてできない。

そう思っている方は多いです。

実は、住宅ローンの残債があっても買い替えは可能です。

今住んでいる家やマンションを売却して、新しい家の住宅ローンを組むことができます。

もし、今の家の売却金額で住宅ローンの残りを支払えなくても、その差額分を買い替えローンに組み込むことが出来ます

こちらであなたの家がいくらで売れるか査定できます。

今の家がいくらで売れるかを把握しておけば、具体的な新居のプランやイメージ、お金のプランも立てやすいですし、家族とのご相談もスムーズにできます

想定よりも高く売れれば、新居に充てられる金額も多くなりますので、新居のレベルアップも見込めます

家族との相談をスムーズに行うためにもまずは現在の家の価値を把握しましょう。

こちらで住所を入力するといくらで売れるか査定できます。

家の売却額と買い替えローンの借入れ額を合わせた金額で新居を検討することが出来ます。

買い替えローンについて借入可能額とか金利とかをもっと知りたい!買い替えを検討する際に最初にすべきこととは?

買い替えの場合「今住んでいる家やマンションの売却」「新居の購入」「買い替えローンの契約」の3つをタイミング良く行わなくてはいけません

不動産の購入が先か売却が先かなど、ちょっとしたタイミングのズレで損をしてしまうことも少なくありません

この「売却→買い替えローン→購入」の3つをまとめて相談して調整してもらうのであれば実は相談先は銀行ではなく不動産業者が最適です。

不動産業者であれば、家やマンションの購入と売却は専門ですし、今現在、買い替えローンを組むならどの銀行が良いかというリアルタイムの情報にも熟知していますし、ちょっとした不明点の相談や手続きのタイミングや方法についても手取り足取り教えてもらえます

そうは言っても、相談する不動産屋をどう選ぶべきか?

ずばり、売却に強く、高く売れる不動産屋です。

つまり、販売力の高い不動産屋で買い替えローンの相談をして家を売却して、その不動産屋で新居を購入するのがベストという事になります。

こちらで住所を入力するといくらで売れるか査定できます。

同時に高く売れる不動産屋も比較して調べることができます。




ページの先頭へ