母子手当の金額と手続きは?






母子家庭の方のためのお役立ち情報

カードのリボ払い、キャッシングの支払額を減らせます

毎月の返済がゼロになったら何を買いますか?

実は、カードや借金の返済がある方は返済不要の可能性があるんです。

カードや借金の返済がある方は返済がゼロになる可能性があります。

過去に完済した返済も戻って来る可能性があります。

返済が減額できるとはどういうことか?

たとえば「利息をゼロにできた」「15%の利息をゼロにできた」という事例が多いです。

両者とも利息分の金利が0%になったことが大きいですよね。

実は、これは特別な事例ではないんです。

これまでにカードや借金の返済がある方であれば、あなたでも可能性があります。

家に居ながらスマホやPCで「返済がいくら減るか」を調べることが出来ます

質問項目は4個ほどで、本名の入力も必要ないので早い人であれば1分もかからずに完了します。

もちろん無料です。

無料で名前を明かさずに、あなたの返済がいくら減るかを診断できます。













シングルマザーが児童扶養手当でもらえる金額

児童扶養手当でもらえる金額は、該当する法令によって毎年見直され改定されますが、児童が一人のケースだと月額最大43,160円です。

手当の金額は、児童の数が増える度に加算されますが、一人あたりの金額ではないので要注意です。

つまり、児童が二人に増えても月額が2倍になることはないので、そこが抑えておくべき基本となります。

例えば、児童一人の家庭に月額43,160円が支給されている場合だと、児童が二人になったら月額は53,350円に増額です。

児童三人の家庭では月額59,460円なので、大幅な支給額のアップとはいきませんが、それでも家計が助かるのは確かでしょう。

以降は、児童が増える度に一人あたり月額3,060円から6,110円の追加と定められています。






児童扶養手当の手続きと申請方法

児童扶養手当は各自治体の窓口で手続きを進めます。

あらかじめ持参しておくものとしては、預金通帳、印鑑、本人確認書類が挙げられます。

預金通帳は申請を行う本人のもので、本人確認書類はマイナンバーカードを始めとして、免許証やパスポート等が有効です。

2017年以降は、11月13日からマイナンバーカードを提出することによって、課税証明書や住民票の提出が免除されます。

申請の際には戸籍謄本、もしくは戸籍抄本と所得証明書が必要になる場合がありますが

戸籍抄本と所得証明書も自治体の窓口で取得できます。

申請から支給まで時間が必要なので、支給を受けたい1ヶ月前までに、自治体の担当窓口に出向いて申請を行うのがベストです。

その他のメニューはこちら 予想を当てる 数と当選番号を当てるラッキーナンバー








ページの先頭へ